読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事でフルーツを食べるようにしてから、なんだかお肌の調子がいい

ニキビも立派な皮膚病です。ニキビなんぞで皮膚科に通うのも、と少々迷いがちですが、皮膚科で診てもらうと早期に治癒しますし、ニキビ跡ができることは少ないです。その上、自分で薬局などでニキビ薬を買い求めるよりも安価で済みます。

 

昨今、重曹でニキビのお手入れができるという話をよく聞きます。ご存知かもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴の汚れや角質の除去ができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。

 

ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌トラブルを起こす恐れもあるため、注意を払いながら試す必要があります。

 

ニキビはかなり悩むものです。ニキビができる時期は、主に思春期となりますから、すごく気になって仕方のなかった方もたくさんいたのではないかと思います。ニキビはできる前に予防も大事ですが、お薬で改善していくこともできます。

 

薬屋に行き、薬剤師の方に相談すると、合う薬をすすめてくれます。皮脂腺の炎症を防ぐために、私は毎日の朝食で、フルーツを摂取するようにしています。その時期の旬のフルーツをどんなことがあっても摂取しています。

 

食事でフルーツを摂取するようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。

 

便秘が治ったことも、吹き出物ができなくなった理由の一つと推測できるかもしれません。角栓によって毛穴がふさがることが、ニキビができてしまう理由のひとつです。

 

気になるため思わず指で角栓をはさんで出しちゃったりすると、そこがニキビ跡になる原因となってしまいます。角栓を詰まらせないように、また、悪くさせない為には、きちんとお肌の保湿をすること、毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが、必要不可欠です。